top of page

⑤清潔に保ち、潤っている状態がバリア最強です。


コンバッハ。

こんばんは。と打っていたはずが、コンバッハって。なんだ?


こんばんはとバッハの癒合かな?です。 笑


改めまして。今晩は。


今日は、清潔と潤いです。


お肌はこれが最強、肌の基礎環境です。


とにかく、

洗いすぎは逆効果です。


肌をキレイにし過ぎる場合、

何度も洗う、強く洗う、強力な洗浄剤で洗う。などが考えられます。


これは、お肌を傷をつける。お肌を守る菌を少なくし過ぎてします。

お肌のバリア機能が低くなる原因を作ってしまいます。

状況によっては、シミや黒ずみを作ってしまう原因にもつながります。



優しく洗う、洗う体のパーツに合ったものを選んで洗う。がポイントになります。


特に、お顔の洗浄剤はみなさん色々選んだりされていると思います。

もう1つ、選んでいただきたいのは、デリケートゾーンの洗浄剤です。


お顔と同じようにとても繊細な皮膚構造をしているパーツです。

かつ、女性の場合は特に大切に扱っていいただきたいパーツです。




妊娠出産、女性ホルモンのバロメーターでありますし、

体内とつながる外部の入り口です。

(お口と同じように歯を磨くように、デリケートゾーンの入り口も丁寧にケアしてください。女性は、デリケートゾーンが命)


そして、潤い。

潤いが保てるお肌であれば、洗い方さえ気をつければok

子供ちゃんで、顔や体を洗った後化粧水、美容液が必要な子は少ないですよね。


年齢とともに、潤いを保てる肌機能が落ちてくるので、保湿というケアが必要となります。



デリケートゾーンも同じです。

顔のたるみはデリケートゾーンのたるだと思っています。


では、保湿された肌をキープするためには?どうしたら良いでしょうか?


とても簡単なケアは、まず洗うことから気をつけてください。それで、乾燥する場合 洗うものを変更して

乾燥しにくいものチョイス。

それでも、乾燥し続けたりする場合、潤いを保てる美容液や保湿剤を使うケアを足すといいですよ。





女性のデリケートゾーンは

体内へ繋がり たどりつく場所は子宮です。

お宮(子宮)へ繋がる場所とも言われます。

お宮へ参るとき、どこを歩きますか?

参道ですよね。

膣:膣はお産の時は、産道とも言いますよね。




女性は体にmy神社を持っている状態と思うくらい大切にしてください。

そう、ここを少し意識して男性も女性のこと大切に。


そうすることで、お互いとても運気も上がりますよ〜。


私は、アーユルベーダを南インドで受けた時の メンバーさんに このお話を教えていただき


すっごく。納得しちゃったエピソードを添えて。


清潔と潤いをキープできる お肌を守りましょう。


それでは、良い1日をお迎えください。


caon







留言


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page