足🦶

「足」は

頑張り屋さんです🦶

家電製品に耐用年数があります。

人にも寿命があります。


いきなり全ての機能が

止まるということは

少ないことで

多くの人、モノは

緩徐に機能が低下したり 不具合が出たりしていきます。


そして体の部位にも

耐用年数 があると考えると

ご自身の体も色々気をつけようと

思われるきっかけの一つになるかと思います。


今日は 「足🦵」についてですが

平均的な一日歩数は約6000歩と

言われています。


洗濯機の耐用年数はご存知ですか?

年数でいうと約8年

回数だと約3000回前後と言われています。

冷蔵庫は

365日 24時間稼働し続ける電化製品ですが

約10年前後と言われています。


足🦶の持ちは

3000回とか10年なんて言われたら


もう 皆さんボロボロですね💦

人の体は素晴らしい構造、機能を持っているため

そんなにひ弱ではありません。


年数をかけて成長ー維持ー低下と言った課程を辿ります。

その課程に沿って

私たちは 自分で 体調を

整えていく

力を備えています。


ーーー

でも、毎日6000回

固い土地を踏み

体重を支え

靴という鎧を被り

外界の刺激をうけたり

靴の鎧で蒸されたり

押し込められたり

…

環境は過酷です

足の踵は まぶたの皮膚の何十倍と厚く

爪があり

小さな骨が集まり

アーチを描き

負荷を分散させるといった

緻密な構造・機能設計です


忍耐強く

簡単に弱音は吐きませんが


繊細であるということも

覚えていいてください。


では、そろそろ

「足」耐用年数についてですが

50年が大きな境目と言われています。


足🦶は、足だけでは

支えきれません。

腱、神経、筋肉、骨などありますが

筋肉が1つのポイントです。

この筋肉。

実は50代を境目に

何もしなければ筋肉量は低下していくと言われています。

特に女性は閉経を機に

筋肉量低下の速度が上がると

言われていますのでメンテナンスが必要です。

この筋力低下が

足へ悪影響を及ぼす一歩です。


しかし、先ほども申しましたが

突然 筋力がなくなったり

急に力が入らない。とはなり難いモノです。


日々の過ごし方が

50代前後で大きな節目となるようです。


急激な体調の変化は

体、心にも影響が大きく現れますので


力を維持ができるように

変化の振れ幅がなるべく少なくなるように

普段から意識して過ごすように。


そして

自分の足で生涯歩けるように

大切にしていきましょうね。



長くなりましたので本日はここまで。


良い夜をお過ごしください。

おやすみなさい⭐



caon

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square