top of page

3年ぶりくらいの京都


コロナぶりの京都へ


懐かしさいっぱいでした。


街並みは思っていたほど変わっておらず、どこ見ても

懐かしい感じでした。


Kyoto駅はそれほど大きくはないので、わかりやすいです。


バス移動は市民と観光客の大切な交通手段です。


運転手さんの対応は、誇りをもってお仕事に従事されているのが伝わってきました。


住んでいるときは、普通と思っていたのですが


京都を離れて久しぶりに訪れると 良さをしみじみ感じました。


バスのこんな場面。

バス停にバスが止まり、運転手さんは乗客が降りることを待ちます。

その時、運転手さんは バス後方から自転車が来ていることをバックミラーで察知し、

すかさず、今から降りようとしているお客様に一声かけます。「降りる時注意してください。自転車が来ています」と

お客様へお伝えしていました。

乗り物から降りる時、左右見て降りなさいね。と習っていますが


この一声で、2人の安全が確保されます。なかなか、こういう運転手さんいないと思います。


プロですね。


京都のどこへいきたい。というわけでもなく。ぶらりと市内をめぐれたことがとても良かったです。

あそこのスーパー残っているな。あれ?こんなところにお店入っていたかな?

ここは、建物増えたな。住んでたところ賑わってきてる。などなど色々思いつつ。


コロナも落ち着いていますし

お仕事場から近いので、たまには向かおうかなと思います。



caon



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page