手洗いはなぜ良いのか?

こんばんは。

今日は、寒く夕方から雨がしとしと降ってまいりました。

いかがお過ごしでしょうか?

数か月前から、「手洗い」をしましょうと

政府、自治体、保健所から

テレビ、医療・保健機関、新聞や著名人などもその話題を取り上げて

推奨をしております。

下記にいくつかの写真をならべてみました

さまざまな場面でモノ・人に触れていることがわかりますね。

そのため、手を清潔に保つことで

見えないウイルスからご自身や周りのを

守る行動の1つにつながります。

医療現場のその昔19世紀中ごろは、まだ

手を洗うことが重要とされていない時代がありました。

手を洗う重要性を発見し、研究された方は

ドイツ人のハンガリー人 産婦人科医をされていた

Semmelweis さんです。

総合病院でお産を終えた お母さん(褥婦さん)たちが産褥熱によって死亡する確率が多発しており

一方で、他のクリニックでお産を終えた、お母さん(褥婦さん)たちの死亡率が低いという現象が当時あったそうです。

それを目の当たりにしていた、産婦人科医のセンメルヴェイスさんは

病院でおきているこの現象の原因は何か?

リサーチし・・・

発見した事は・・・・・!?

お産に立ち会う医療従事者の「手」でした。

お産に立ち会う医療従事者の中には、

他の病気(病人)の診察中や医学研究の合間に

お産の連絡が入り、すぐに現場へ向かいます

(お産は待てないので)

そこに、彼は問題を発見しました。

しかし、先に述べた

他の診察中や医学研究の解剖中などの合間に呼び出されて

現場へ向かうということは、現在でもあることです。

では?今と昔

何に違ったのでしょうか?