top of page

2020年(令2年)の出生率

おはようございます。

お元気ですか?


今日は、寒いです。寒さはこれからですね。


寒いのですが先日ピックアップした

冷シャワーを

さっそく再開させてみました。


これからどんどん寒くなるのに、逆行的なケアをしています 

風を引かないように頑張ります 🤭


今日は、日本の出生率について

高齢出産は20年前はまだまだ、珍しい事例でした。

今では、高齢出産という条件に当てはまる出産をよく耳にします。




2020年では、母の年齢別で、最も出生率が高い年代ご存知でしょうか?


昭和60年、私が生まれた少し後ですが

最も出生率が高い年代は、25〜29歳でした。


2000年に入り

徐々に数字は変化していき

2005年に、最も出生率が高い年代は

30〜34歳へとなります。


そこから、この状態が続き

2020年も、母の年齢別で、最も出生率が高い年代は30〜34歳となっております。


ちなみに、40代での出生率は昭和60年代と比較して、約5倍に増ております。


全体的に年齢が引き上がっていますね。



高齢出産とは

35歳以上で出産することを医学上「高齢出産」と呼びます。



女性としての体を健やかに保つ期間も伸びていますね。

出きること、好きなこと、興味があることからでも 体や心にいいことやってみましょう✨



今日も良い1日をお過ごしください✨




caon



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page