夏 浴衣

こんばんは✨

雨がしとしと降っています。

梅雨ですね〜。

衣類は乾燥機必須ですね…

ジトジト。重め。

さて、梅雨が明ければ

夏。

夏といえば…

花火・ 祭り・川床などですね。

その時

何を着ていきますか?

日本人の特権「浴衣」の選択肢が増えますね。

先日から 浴衣の話題が

ちらほら上がるので、

今日は浴衣について書きますね。

浴衣は 着物と同じく

年齢を重ねても

綺麗に着こなせるものですね。

着物、浴衣は くびれ不要ですから

年齢が重なるたびに

その時の良さが出る服だと思います。

ただし、柄や色は年齢で

似合う、似合わないが

出てくると思います。

その点に注意して、選ぶと良いかと思います。

あと、帯の位置や結び方。で

若さや落ち着きを表現できるポイントとなるので そこにも注意しましょう。

夏=浴衣 と私は

思っていました。

でも、先日 新たな学びを得ました。

浴衣より 粋なオシャレ

それは 夏用の着物を召すこと。

夏用の着物を着こなす姿は

着物業界者や 見る人が見たら

おっ!と目にとまるそうですよ。