よしこ 1up

先日、元同僚であり、尊敬している先輩、上司であり、先生、そして

私の大切な友達でもある 

耳鼻咽喉科医師 大村先生と講演会を学生向けに行いました。

彼は、オペ技術日本1🇯🇵…私はもう、世界1の域に達していると思っていて、

いつも心から応援している医師です。

私は、先生の講演会の

約1/6のお時間をいただくことになり

光栄であり、身が引き締まりすぎて

吐きそうなくらい緊張していました。

お話しは、私の苦手分野。

「説明」とかは大丈夫なのですが

自分の事を表現する事が苦手で

なぜか、すごく苦手意識があって…

困りました。

そんな課題が当てられて

めちゃくちゃ考えて

ああでもない。こうでもない。と

日々過ごしていました。

でもそのおかげで、

毎日私は、新たな発見があり

多くの学びを結果得ました。

例えば、今どいう看護を心に思い仕事をしているのか?

今のサロンをどうしたいのか?をはっきりさせたり。

いつまでにどうするか?などなど。

さて…実際の私の

講演会の時間の内容というのは…

なぜ?

それで?

だから?

という部分を伝えていなかったり

これは伝えたい。と意気込んでいた部分が

スッキリ 潔く 飛んでいたり....

猛省の講演会でした。

…写真の顔の表情も

トーンダウン。

いただいた写真を見ると笑ってしまうくらい、笑

やっぱり苦手なのね。と

思いながら 講演会の

写真を見ていました。

でも、終わった後

何がダメだったかな?

こういう事を伝えた