top of page

福岡、博多!よーおっシャンシャン♪

学会が福岡でありました。


山口県のお隣、福岡。


私の住む地域からは、福岡

というのはちょっと遠距離。


お隣とはいえど、

福岡へ行くなら、広島、東京や大阪を選ぶ


という、私の感覚でした。


ですが、よく地元の方のお話を聞くと

福岡へ車で日帰りしたよ〜という会話

飛んでいます。


すごいな〜って思っていました。


今回、行き方を調べていたら

新幹線を使うなら、私

日帰りで いけるんだろうな。ということで



前泊予定していた福岡へ

急遽日帰りへ変更し、

行ってまいりました。


新幹線利用で往復1万円もかからないため、

あれ?思っていたよりお財布に優しい料金。

新幹線だと時間もかからない。

ホテル代が浮くし


いいかも。と初めて気がつきました。


以前は、博多座へ職場のイベントで訪れ演劇を見ました。

だから4〜5年ぶり?の訪問です。


今回、自分で調べて向かう土地なので

以前訪問した時とは違った視野、目線で

街を見ることができました。


そして、かわいいお土産と出会い

嬉しかったのでした。


石村萬盛堂 の 「祝うてサンド」


明治38年から続くお菓子屋さんです。



パッケージから 笑顔になれるお菓子です。

だって、絵に おしり?が目に留まる お菓子 ね。


最初は、私の見間違えかな?あら、お恥ずかしい。

なんておもい、もう一度見る。を数回繰り返し

やっぱり 裸でした 笑


私は、鳥獣戯画のようなタッチだなぁと感じ


お土産を手に取った同僚は、

仙厓義梵さんの絵に似てるーって 言い


検索すると

確かに!こっちだな。と 深く頷き 同感しました


気になる方は、こちらへどうぞ→https://www.ishimura.co.jp/shop/products/list?category_id=49


それを見て、ゆるキャラって 現代っぽいようで 昔からいたのね。っと感じ

ゆるキャラが 心くすぐる理由は DNAか?と思うのでした。



祝うてサンド は、パッケージとくるみに惹かれて 購入しました。


箱に同封された しおり を読み 縁起の良いお菓子ということがわかり

また、嬉しくなるのでした。


企業理念が、お菓子というツールに表現され それを手に取り 感じたこと


繋がりに


なんだか、人生のヒントになりそうだな。と思ったのでした。



それでは、今日も良い1日をお過ごしください


まひとつ シャンシャン



caon

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page