ウレタンマスクの防御力「大丈夫?」

おはようございます☀︎→☂️


今日は、お昼前から雨がしとしとと降ってまいりました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


今朝、ちょっと気になるマスク情報の記事が目に止まったのでシェアしたいと思います。


ウレタンマスクの感染防御力についてです。


私の、マスクに対する印象経過 をまず書きたいと思います。



1980年代生まれの私


生まれて〜高校生まで 

「マスク→給食マスク」という印象

:自分の飛沫を食事にかけない


看護学校〜2020年まで

「マスク→不織布マスク」という医療者視点

:防御率↑ 感染させない、頂かない




2020年3月〜  

コロナウイルス感染症が広がりでマスク不足


「ウレタンマスク」に初めで出会う



ウレタンマスクの初めての出会いの印象は?


ウレタンマスクの印象は、

おお〜この素材で作れるのか!と驚き


ファッショナブルで使いやすそうだな。かわいいな。とか

洗えるしな〜。呼吸がしやすいな〜と好印象を持ったマスクでした。


呼吸が楽な印象があったので、防御率は少し???疑問でしたが


当時は 「マスク」そのものが 店頭に無い状態でしたので、とにかく

鼻・口周りを保護する物がとりあえず必要でしたね。ハンカチでもスカーフでもしておきたい

というような、状況でした。


今日、発見した記事をこちらに転記しておきます。


東洋経済(online)からの記事です。

↓ 

下記、黄色い部分をクリックすると 東洋経済 オンラインへアクセスできます。