「酒さ」って…お酒?皮膚疾患

おはようございます。


穏やかに、しとしと雨が降っております。

皆様の地域はいかがでしょうか?



今朝、気になった記事は

お肌の病気についてです。


”酒さ”、”酒さ性ざ瘡”


症状が強い方にとっては、本当に人前に出ることが嫌になる程

顔が赤くなる。

肌荒れも起こしています。

ニキビができていたりします。


しかも、すぐに治るという病ではありません。


慢性炎症性と言われ

完治までには、 時間が必要な疾患です。


しかも、明確な診断基準や原因わかっていないと言われています。


悪化因子になると言われているのが、過度の日光曝露、精神的ストレス、アルコール摂取、刺激物の摂取、肝機能障害です。


治療としては、

抗生剤、レーザー、漢方、外用薬などが皮膚科さんでも行われている主な治療です。


今日は、その悪化因子になると言われる刺激物の摂取について

のレポートが上がっていたのでシェアしたいと思います。




まず、刺激物の摂取?って?なに?


と思われる方もいらっしゃるので


図を載せています。


香辛料、かふぇいん、アルコールが代表的なものです。


その中で、カフェインについて

酒さ との関連性について研究報告がありました。





"コーヒー摂取は酒さ発症リスクと逆相関 "

 看護師健康調査II(NHS II)に参加した女性8万2737例を対象に、カフェイン摂取と酒さ発症リスクの関連をコホート研究で検討。  その結果、カフェイン摂取量高値が酒さ発症リスクとの逆相関を示した(カフェイン摂取量最低5分位群に対する最高5分位群の調整後ハザード比0.76、95%CI 0.69-0.84、傾向のP<0.001)。カフェイン入りコーヒー摂取で優位な逆相関が見られたが(1カ月当たり1杯未満群に対する1日当たり4杯以上群のハザード比0.77)、その他の食品(紅茶、ソーダ、チョコレート)からのカフェイン摂取量増加やカフェインなしコーヒーの摂取では関連が見られなかった。 【原文を読む】 Li S et al. Association of Caffeine Intake and Caffeinated Coffee Consumption With Risk of Incident Rosacea in Women. JAMA Dermatol. 2018 Dec 1;154(12):1394-1400. doi: 10.1001/jamadermatol.2018.3301.


カフェインに対して、あまり過敏にならなくても良いのかな?と思ったレポートです。



ロダンアンドフィールズのアメリカの製品の中には

酒さに対しての 良好な結果レポートが上がっていました。

次回、ご紹介します。


アメリカのロダンアンドフィールズスキンケアが気になる方は

お問い合わせください。



それでは、今日も良い一日でありますように!


Yoshiko








特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square